06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Orfeon Blog

読んだ本の要約、感想など。 他にも日々思ったことをつれづれと書き連ねます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ドイツ参謀本部 

ドイツ参謀本部―その栄光と終焉ドイツ参謀本部―その栄光と終焉
渡部 昇一

祥伝社 2002-08
売り上げランキング : 102233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆☆☆☆
現在ある参謀システムの元となったドイツ参謀本部の歴史についての本。 参謀本部の成り立ちとしてナポレオン戦争から説明していて、国民国家の出現による愛国心や徴兵制による戦争の規模の拡大と徹底的に敵軍を撃破する殲滅性によって、それまでの戦術を競い合ういわばスポーツ的な戦争が変わってしまい、それらの変化をうまく捉えて台頭したのがナポレオンであるとしています。しかしナポレオンは自分の才能を過信するあまり、軍隊の規模が大きくなったのに作戦や兵站、人事など全て自分で立案し自分を補助する人間をおかなかったのに対し、他国がナポレオンの研究を行い同じような軍隊を持つようになり、規模の拡大にあわせて作戦を立てる人材を養成して指揮官の下に配置するようにしたプロイセン軍の活躍によって、ナポレオンは自分が直接指揮する戦いでは常に勝っても、他の戦いでフランス軍は負けるようになり、没落するはめになったとしています。

その後プロイセン軍は紆余曲折を経ながら参謀システムを充実させて、平時から常に戦争に備えて情報収集や作戦を立てておくシステムを導入し、軍人モルトケと名宰相ビスマルクを擁す時代になって黄金期を迎えます。しかしこの繁栄は優れたスタッフであるモルトケと優れたリーダーであるビスマルクという両輪がそろっていたからこそのものであって、優れたリーダーが不在の第1次世界大戦では優れた戦闘を行うも、外交の不手際により多正面攻撃を強いられたり、戦果を外交的有利に結び付けられずに敗戦国となってしまう。逆に第2次世界大戦では強力なリーダーであるヒトラーが自分を過信するあまりスタッフの提言をことごとく無視したため、大戦終盤で無茶な戦略を採用して失敗したとしていて、スタッフとリーダーのバランスの大切さを強調しています。そのためにも参謀は匿名で表に出てはならないとしているところが興味深かったです。
スポンサーサイト

Posted on 2006/07/25 Tue. 13:20 [edit]

category: 読んだ本

thread: ブックレビュー  -  janre: 本・雑誌

tag: 感想  要約 
TB: 0    CM: 0

25

デファクト・スタンダードの経営戦略 

デファクト・スタンダードの経営戦略―規格競争でどう利益を上げるかデファクト・スタンダードの経営戦略―規格競争でどう利益を上げるか
山田 英夫

中央公論新社 1999-09
売り上げランキング : 162081

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆☆☆☆
主に家電などの規格などがデファクトスタンダードとなりそこから利益を上げるための戦略を論じた本。 著者によると、ある規格がデファクトスタンダードになるには「ネットワークの外部性」をうまく利用する必要があるとしています。ネットワークの外部性とは、その規格が広がれば広がるほどその規格の利用者が利益を得る仕組みのことで「他者とのやり取りの必要性」と「ソフトのストック価値」の2つの軸で大きな価値を持つものがその性質を享受できるとしています。例としてはゲーム機やビデオなどが挙げられます。これらの2つの軸を活かすには技術と現在の規格との互換性とのトレードオフにバランスよく対処する必要があるとしています。

また、規格競争にも規格間競争と規格内競争と規格世代間競争の3つがあり、規格競争で利益を得るには、規格間競争初期の段階では規格自体をスタンダードにするために技術情報をオープンにして自社の利益をある程度犠牲にして普及を促進する必要があり、逆に規格がスタンダードとなったら規格内競争相手を駆逐するために技術の差別化を行う必要があるというこれもまたトレードオフに対処する必要があるとしています。一般に激しい規格間競争でスタンダード後にその規格自体で利益を上げるのは難しいので、スタンダードをとった後はゼロックスなどの例を挙げ、ライバルや消費者からは見えにくい規格の補助的な商品で大きく稼ぐことが効果的であるとしています。最後にこれらの規格競争の激化の帰着として、企業は製品の全ての部分で関わるのではなく何らかの部分でナンバーワンになって他の部分は他の会社に任せる欧米方式が主流になるとしていますが、著者は逆に総合サービスという観点で総合型日本企業にも活路があることを示唆しています。

自分的には、物づくりの分野では多くの世界標準を日本が作っていても最近はそこから大きな利益を上げていることは少なく、逆に利益率の高い他のソフトウェアや通信分野の規格では日本は欧米の後塵を拝んでいるのは規格競争は技術力よりもマーケティングや政治力の方が重要であるように思え、そのところが今最も日本企業に必要な能力のように思えました。

Posted on 2006/07/24 Mon. 13:23 [edit]

category: 読んだ本

thread: ブックレビュー  -  janre: 本・雑誌

tag: 感想  要約 
TB: 0    CM: 0

24

読書と社会科学 

読書と社会科学読書と社会科学
内田 義彦

岩波書店 1985-01
売り上げランキング : 108205

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆☆☆☆
社会科学者による読書をどう活かすかについての本。 著者は読書を行うのは、本で情報を得るというのはもちろんあるけど、それとともに本で得たものの見方で世の中を見られるようになるということも大事だとしています。このことを社会学では概念装置を獲得するというそうですが、そのための方法を著者の経験をもとに説明しています。著者によると本を読む時は、まずその本の著者を信頼することが大切であるとしています。だがその反面、完全に著者に寄りかかってもいけないともしています。自分の意見と違うところがあったら、この著者がそんな単純な間違いをするはずないと著者を信頼しつつ、なぜこのような考えに至ったのかということに関しては批判的に見ることが大切であるとしています。

このように批判的に考える方法として本書の最後のほうで自然法という実際の社会科学での概念装置の説明があります。かなり古い概念だそうですがかいつまんで言うと、世の中には法律というものがあるがその法律は人間が作ったものであり守らないと罰を受けます。一方同じ法でも自然科学で言うところの法は法則で、これは人間が作ったものではなく、また守らないと(法則を考慮しないでなにかをしようとすると)罰を受けることはありませんがやろうとしたことは上手く運ばないでしょう。法律というのも本来はこういう自然法的な合理性を持つべきである、というのが自然法という概念らしいです。もちろん現代は科学の万能性が崩れだしているので当時の自然科学(あるいは神)に対する信頼感覚とはまた違ったものになるでしょうけど、ともかくいまある秩序は何らかの理由があって存在しているものでその秩序ができた時は有効でも現在では状況が変わって有効でない場合もありえます。だからそれらの起源も含めて全体を貫く法はどういうものであれば上手くいくかを考えることが今ある秩序を考える上で重要であるということでしょう。

その他にもこれらの概念を身につけるのは頭の中だけで理解するのではなく自分の日常的感覚と結び付けないといけない、といったことや、そのために要約するだけの読書ではなく納得のいかない文章と出合ったら徹底的に自分の感覚や経験とすり合わせてしつこく読むことが大切であるともしています。

Posted on 2006/07/23 Sun. 13:19 [edit]

category: 読んだ本

thread: ブックレビュー  -  janre: 本・雑誌

tag: 感想  要約 
TB: 0    CM: 0

23

参謀本部と陸軍大学校 

4061497073参謀本部と陸軍大学校
黒野 耐

講談社 2004-03-21
売り上げランキング : 63,380

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆☆☆☆
明治維新の陸軍の創設から、昭和の敗戦にいたるまでの歴史を、参謀本部と陸軍大学校を軸として解説しています。明治時代、陸軍の成り立ちはフランス式でスタートしましたが、当時のドイツの躍進や国体が当時の日本に似ていることにより、ドイツ式の軍隊が採用されるところから話が始まります。ドイツ式では陸軍大学校において実学を重視して、作戦実行における優秀な参謀を輩出させたことを挙げています。しかしドイツ式には兵站を甘く見る傾向があってこれが後の日本軍の弱みに結びついているとしています。また戦争の実行本部として参謀本部が設置されますが、軍の創立にあたっては当時の政府内部での権力争いによって組織が設計されたため、役割分担や責任の所在が曖昧になるという、将来の日本軍の弱さにつながる一因として指摘しています。また陸軍と海軍が対立するようになり、その結果幻になった、当時としては画期的であった統合参謀本部についても説明がなされています。

また、本来戦争が政治の延長であるのに、権力争いの結果政治と戦争が離されてしまい、政治と戦争を統合して考えるための組織が作られなかったこともまた将来の欠点につながったとしていますが、これらの組織上の欠点を当時の日本を担っていた薩長閥によるの同質的なつながりと、政治、戦略、両方の能力に優れたリーダーが権力の中枢にいたことがカバーしてなんとか日清戦争や日露戦争に勝利しているとしています。しかし組織的に先述べたような欠点を含む日本はその後、政治的な配慮と戦略を考えることが出来ず、ソ連、中国、イギリス、アメリカ相手に多方面攻撃する羽目になることを細かに解説しています。

当時の日本陸軍は兵站とともに情報も甘く見るきらいがあり、それらの欠点が戦術的にも欠点を晒すこととなり、改革の必要性が叫ばれるものの組織の改革も権力争いによって有意な改革が潰されてしまう過程が描かれています。戦争後半では組織が統制を取りきることが難しいほど参謀本部は求心力を失い、本部の制止も聞かずに現地の判断で日中戦争に突入してしまったことも説明されています。 一方、実学重視の陸軍大学校は、優秀な作戦立案を担う低級参謀は輩出できるが、政治的側面もからめてより高次に局面を眺めて戦略を立てられる人材はついぞ育成することはできなかったと批判しています。

本書は日本敗北を組織的な欠点という観点から述べていますが、組織での権力争いなど、いつの時代も変わらぬ要因が破滅につながっていることを実感しました。またここでは政治と戦略を考えられる人材を育成することの重要性を説いていますが、具体的な育成方については述べられておらず、やはりこういう人材というのはいつの時代も得がたいものであるとも思いました。本書は戦争のカテゴリーに含まれますが、組織を考えるという点から、組織に関わるあらゆる人でも興味深いものだと思います。

Posted on 2006/07/22 Sat. 18:03 [edit]

category: 読んだ本

thread: ブックレビュー  -  janre: 本・雑誌

tag: 感想  要約 
TB: 1    CM: 0

22

ザ・プロフェッショナル 

4478375011ザ・プロフェッショナル
大前 研一

ダイヤモンド社 2005-09-30
売り上げランキング : 137

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆☆☆
プロフェッショナルとは何かを述べた本。

まずプロフェッショナルの定義から始まっていて、プロの条件とは、常に顧客の利益を最優先で考えることが第一であるとしています。またそのために、己の力量を一生磨いていく覚悟や強い向上心(著者は知的好奇心と呼んでいる)を持つことも必要であるとしています。現在は非常に変化の激しい時代で、常に変化を恐れないで変化の底流を洞察しようとする好奇心が大事だとしています。

次にプロフェッショナルが持つべき能力として、「先見する力」「構想する力」「議論する力」「矛盾に適応する力」の4つを挙げています。

「先見力」は、これからの時代は自らの提案した「見えない大陸」の4つのフレームワークを引き合いに出して、今まで存在した戦略は通用しなくなりつつあり、こうした不確実性が増大する中では既存のフレームワークや成功したビジネスモデルに頼るのではなく、常にゼロベースで考えていく姿勢が大切であるとしています。またこうした不確実性が大きい状況では変化を楽しむくらいの気概が必要であるとしています。そうした上で、たくさんの仮説を立てては検証するといった思考の試行錯誤の繰り返しをしつこくやる根気が重要であるとしていて、こうした作業を日常から続けるには常に今の体制は時代遅れになっていないかという緊張感を持つことが大切であるとしています。最後にこうした心構えを持ち続けるには意思の力と気概が一番重要であるとしています。

次に正しい先見が得られたとしても、それを実際のビジネスに落とし込むには「構想する力」が必要であるとしています。まずそのサービスはニーズがあるかという必要条件と、そのサービスにお金を払ってくれる人がいるかという十分条件を両方満たすことを考えることが必要であるとしています。次に近年のマーケットの変化の速さと規模の大きさというものの恐ろしさを説き、変化を察知してからの素早い行動を勧めています。行動を起こす際は事業を絞り込む重要性も説明しています。また常に自社の事業を批判的に観て考えることもこの変化の激しい時代では必要であるとしています。

これまで述べたような先見や構想を得るには1人の力では難しく、様々な人の知恵を統合するために「議論する力」が大切であるとしています。議論の力を伸ばすに当たって、まず万国共通の理解の土台となる論理力が必須であるとしていまが、議論の過程においては仮説を立てる→検証するのサイクルでまわることが多く、その際に仮説を目標と混合してしまったり、会議は予定調和で行われるものだという固定観念の問題も多くあり、議論に臨むためのマインドもそれ以上に重要であるとしています。また疑問を持つ、自分の考えを言葉に落とす、しつこく問い続ける、自分の頭で答えを探す、といった習慣が著者自身の経験からも大切であるとしています。
最後には、考え出したプランを実行に移したりする際に起こる、理論との矛盾に適応するための適応力もリーダーとしては必須の力であるとしています。

ここで述べられているプロフェッショナルとは、ビジネスマンを想定したものなのでしょうが、そのうちでも主に個人としての構想力などの考える力について述べていたところが多く、日々の仕事に対するメンタリティなどには言及しているところは予想はしていましたがあまり紙面は割かれていませんでした。ですが議論する力、考える力などはどのような職業についても大切な能力であると思います。本書では著者も若い頃に日記や読んだ本の感想などを書く習慣がありそれが考える習慣に役立ったと述べている部分が心強く思うところではありました。

Posted on 2006/07/21 Fri. 17:04 [edit]

category: 読んだ本

thread: ブックレビュー  -  janre: 本・雑誌

tag: 感想  要約  大前研一 
TB: 0    CM: 0

21

「知的ミーハー思考」のすすめ 

ビジネスマンのための「知的ミーハー思考」のすすめビジネスマンのための「知的ミーハー思考」のすすめ
文月 敏雄

PHP研究所 2000-11
売り上げランキング : 440371

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆☆☆
戦略思考などの一歩手前で、どういうスタンスで考えることが大切かについて述べた本。
この本では最初に考えることとは何か、について述べていて、日常において考えているようで実は考えていないことが多くないか、について注意を喚起しています。 ここで著者は考えなくなる一番大きな理由として知識に重きを置く性質について述べています。門外漢(知識がない)からといってそこで思考停止に陥ることの多いことに気をつけるように主張しています。知識がないこと自体の他にも、自己主張を抑える日本の文化なども、日本人にとっては思考停止につながる原因に挙げています。

これからさらに必要とされる考えるスキルとして、論理思考と仮説思考を著者は挙げていて、 本書では、考えるスタンスとして重要であるとしている仮説思考について重点的に説明がなされています。仮説思考とは仮に現在自分がある判断に必要な情報を十分に持っていなくても、自分が持っている知識を総動員してなんらかの思考フレームを作ることによって思考停止に陥るのを防ぐ効果があるとしています。コンサルのケース問題であるような全国の塾マーケットの大きさを考えろといった問題についても例が示されていますが、式を求めるところで止まってはいけなく、ちゃんと各項目に実際のなんらかの数字を入れて大雑把な数を求める所までやることが、具体的なイメージを膨らませることや姿勢自体として必要であると説いているところが、自分的にはとても教訓になりました。

その後には顕在ニーズ、潜在ニーズ、不在ニーズ、などを挙げて、消費者の視点から考える顕在ニーズを考える立場と対比した、仮説思考を働かせて現在は見えていないが確実に消費者が必要に感じているサービスを考えることをアサヒビールの例を引き合いに出していたりします。本書の最後ではあらゆる創造的な考えは、既存のアイデアを組み合わせることでできるとしていて、アイデアの作り方にも言及しています。

本書は「知的ミーハー」という単語がタイトルにもありますが、要は考えることを強く勧めている本であるといえるでしょう。ただ、いろいろなことに言及していて、自分としては仮説思考について、絞って説明して欲しかったとは思います。でも本書の主張するところの思考停止に陥ることを防ぐという姿勢はとても参考になりした。

Posted on 2006/07/20 Thu. 17:05 [edit]

category: 読んだ本

thread: ブックレビュー  -  janre: 本・雑誌

tag: 感想  要約 
TB: 0    CM: 4

20

ロジカル面接術 

ロジカル面接術〈2007年〉基本編ロジカル面接術〈2007年〉基本編
津田 久資 下川 美奈

ワック 2005-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆☆☆☆
そろそろ面接対策もしないとな、ということでとりあえず読んでみた本。

本書では面接でアピールすべき点は、

1.私は御社に貢献できます   (自己PR)
2.私は御社と相性がいいです (志望動機)

の2点であるとし、この2つをブレークダウンすると、
1は、問題解決力、行動力、コミュニケーション力、
2は、自分のやりたいことがあっている、会社のカルチャーにあっている
となっています。

問題解決力としては、問題を論理的に分析し、問題点を見つけ出す力、見つけた問題点に対して問題解決方法を見つける力、それを行う際に段取りをつける力
行動力としては、上の問題解決の仮説→検証サイクルを実行する早さや、実際に自分の五感で情報を得たか
についてをあらわすエピソードを選ぶことが大切であるとしています。

コミュニケーション力はエピソードとしてではなく、面接官とのやりとりで問われるもので、面接官の質問を適切に理解する理解力、面接官が聞きたいと思っていることを察する察知力、自分の言いたいことをわかりやすくしゃべる言語化力、メリハリをつけてポイントを強調するための話術、が大切であるとしています。

一方会社との相性がいいかについては、会社の掲げるこれからの理想像と現在のギャップを埋めるために必要となるような自分の特性についてのエピソードが大切であるとしています。
その後の章では実際に例文をあげて添削していたり、より具体的な構成やストーリーの組み方について言及されています。

本書は面接では何を伝えればよいかについての基本的な項目をとてもシンプルに整理して提示しています。ただ、面接官から見て「コイツと一緒に働きたいか」、といったあいまいな要素についてはあまり言及がありません。ここで述べられていることは、余計な事は聞かずにひたすら論理性を見るコンサル希望者向けな内容だと思います。でも基本的に論理力などはどこの企業でも必要としている力なので基本として抑えることを確認するにはよい内容だと思います。

Posted on 2006/07/19 Wed. 17:36 [edit]

category: 読んだ本

thread: ブックレビュー  -  janre: 本・雑誌

tag: 感想  要約 
TB: 0    CM: 1

19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。